新しいテキスト ドキュメント

「顔のしわ」は、要は皮膚の老化です。では老化の原因は何かと言うと

 

  • 表皮の機能低下
  • 真皮の機能低下

 

の二つに大きく分けられます。

 

前者は小じわの原因となり、後者は深いしわの原因となります。これら以外にも、加齢や、ダイエットで急にやせて皮下脂肪が不足した場合や、長年にわたる顔の筋肉の動かしの癖によってもしわができることもあります(眉間のしわなど)。

 

具体的にみていくと、小じわできる最大の原因は、肌の乾燥です。加齢、紫外線、空気の乾燥、皮膚機能の低下などにより角質層が水分を保持できなくなるとしわができます。傘をさすなどして紫外線を浴びないように注意が必要です。

 

 

真皮の機能低下によるしわは、 コラーゲン不足によるものです。加齢や紫外線の影響でコラーゲンやエラスチンが減少したり、その構造が崩れた場合にしわができます。

 

しかも、コラーゲンは分子が大きく、肌に補給することが難しいので、できることはまず、真皮に悪影響を及ぼす紫外線を浴びないことです。

 

紫外線の中でも、UVAと波長の長いUVBは表皮を通り抜け真皮まで影響を及ぼします。 大量の紫外線を浴びたり、少量でも継続的に紫外線を浴び続けたりすると、コラーゲンやエラスチンによって支えられた真皮の繊維組織が破壊され、その結果、肌のハリや弾力性が失われてしわが発生します。

 

真皮の機能低下によるしわを、出来てしまってから治癒するのは難しいとされていますが、これは、真皮細胞の新陳代謝による修復には長い年数が必要なためです。

 

そのため、まずは予防することをなにより優先して考えることがとても重要です。