すっぽんと癌の関係性

すっぽんと言えば、コラーゲンがたっぷりで美肌効果がある、プルプル肌にとなる美容や滋養強壮があり疲労回復に効果がある等、昔から美容と健康に嬉しい働きがあるものとして知られています。

 

また最近ではダイエットの面からも注目を浴びています。そんなすっぽんですが、それ以外にも実は癌にも効果があると言われているのをご存知でしょうか。

 

日本における死亡原因で最も多いのが癌で、早期に発見できればまだしも、初期症状がほぼない為気付いた時には治療が困難になっている場合も多くあります。

 

人間が生きていく中で、体の中のあらゆる細胞は新陳代謝の働きにより日々新しく生まれ変わっていきます。

 

小児のひきつけや悪性腫瘍に効果を発揮するのがスッポンの甲羅にふくまれいるのです。すっぽんが癌を抑制の要因としては甲羅に含まれているセレニンとミネラル成分が豊富に含まれているからです。

 

セレニンは癌細胞を生みだず原因の活性酸素を除去する抗酸化作用による働きで癌予防に適しています。

人が持つ免疫力の低下

この時に、何らかの原因で突然癌細胞ができる事がありますが、健康な人であればもともとその人が持つ免疫力によって、癌細胞をやっつける事が出来ます。

 

しかし免疫力が低下してしまうと、癌細胞に対する攻撃力が弱まってしまい新しい細胞に生まれ変わることができません。

 

原因は喫煙やストレス、栄養不足、老化等と言われていますが、その結果病気として表に出てきてしまうのです。

 

癌を発症する理由は一つではありませんが、人の体において免疫力がいかに大事であるかが分かります。

発がん物質の生成を抑制する効果

その免疫力を高めたり、発がん物質の生成を抑制する効果があると言われる成分を持つのがすっぽんなのです。

 

すっぽんにはビタミン類、アミノ酸、ミネラル、カルシウム、DHA等体に良いとされる成分がたくさんあります。

 

特にアミノ酸の中でも必須アミノ酸9種はそれぞれウイルスの抑制、肝臓や腎臓の働きを助ける、ストレスの緩和、新陳代謝や免疫力を高める等の効果が期待できると言われています。

 

この必須アミノ酸は体内で生成することができず、食べ物等外部から摂取するしかありません。

 

またビタミン類には抗酸化作用という働きがありますが、活性酸素の働きによって引き起こす病気の発生を抑制するとも言われています。

 

すっぽんの場合、いくつもの健康成分が一緒に取れるのが嬉しいところです。

 

直接癌に作用するわけではありませんが、すっぽんに含まれる豊富な成分によって健康を維持することは、癌だけでなく様々な病気の予防にもつながると言えるでしょう。