アミノ酸について

基礎代謝を上げる効果にはアミノ酸はうってつけだけど、アミノ酸を摂るだけではなく運動などもやっていくことで基礎代謝の上昇を促進することができるのです。

 

まず、アミノ酸はたくさんの種類のアミノ酸があり、食材によって摂取できるアミノ酸の種類が違ってくる

 

肉と野菜でも違ったアミノ酸を摂取することができるし、ミノ酸を摂取することによって血液の流れを良くする事が出来、それによって体温が上がるので基礎代謝を上げることにつながります。

 

動物性食品はその中でも多くのアミノ酸を摂取出来て、アミノ酸を多く含んだ食べ物の代表例と言えば、筋肉の発達にも大きな影響を与える鶏肉のササミや卵、マグロなどの魚や乳製品でいえばチーズなどがそれにあたります。

 

まずそもそも基礎代謝は筋肉の量が増えないと上がることはないので筋力強化をする為にもこういったタンパク質を多く有する食品を食べることが必要になってきます。

 

だけど、いろんな種類のアミノ酸をバランスよく摂取することが求められるので、野菜で言えばほうれん草やトマト。大豆を使用した納豆や豆腐といった食品も摂取していったほうがいいみたい。

 

ただ、摂取量が足りない人を補うためのアミノ酸サプリメントもあり、食品でアミノ酸を摂取するよりも直接アミノ酸を摂取したほうが脂肪燃焼に大きな効果があるそうです。

 

脂肪燃焼の為には有酸素運動など体を動かすことが何より大事になってくるのですが、アミノ酸の摂取と運動をうまく噛み合わせることで脂肪燃焼に相乗効果が現れるようです。

 

アミノ酸を飲むだけで痩せるということはまずなく、運動時に摂取することで脂肪燃焼を促してくれる効力を持っている。

 

アミノ酸を摂らない場合と摂った場合で比較してみると、アミノ酸をとらなくても運動をしてれば徐々に徐々にだが効果はでてくるものの、アミノ酸を摂取することによってアミノ酸に含まれる「リパーゼ」と呼ばれる酵素が脂肪燃焼を活性化してくれます。

 

摂ると摂らないとでは短期間で感じる効果に大きく差が現れそうですね。