美容成分のコラーゲンとヒアルロン酸を比較

美容成分というとコラーゲンやヒアルロン酸がよく知られており、どちらも保湿力の高さからスキンケア商品に配合されています。

 

コラーゲンと、ヒアルロン酸を似たようなものだと考えている人もいますが、働きには差があります。

 

お肌の深いところに真皮層という皮膚の層があり、ここにはコラーゲンや、ヒアルロン酸があります。

 

ヒアルロン酸は、コラーゲンがつくる格子の中にゼリーの状態で入っています。これらが合わさって真皮層と呼ばれる層を形成しています。

 

たるみやしわのない若々しい皮膚でいるには、真皮層の物質が足りていることが大事です。

 

コラーゲンが豊富に含まれているお肌は、しわのない弾力のある状態をキープできることにあります。

 

シワの無いハリ肌を作る為には、コラーゲンは必要不可欠な成分なのです。ヒアルロン酸の特性は、少量で水分をたくさんキープしておけることです。

 

お肌にたっぷりのヒアルロン酸があれば、水分を皮膚の中に留めておくことができるので、肌のしっとりさをキープできます。

 

コラーゲンが果たしている機能と、ヒアルロン酸が果たしている機能は違っていますが、どちらも美容に必要だという点では一致しています。

 

肌のしわ解消にはコラーゲンがマッチしていて、肌の保湿力を向上させたい場合はヒアルロン酸が適しています。

 

健康的な美しい肌を守るには、日々のスキンケアが重要です。ヒアルロン酸と、コラーゲンの特徴を理解して肌の手入れを進めていきましょう。